足が臭い原因は?

足臭の原因って何?調べてみました。

毎日、足の臭いが気になって仕方がない訳ですが、ではそもそも足の臭いの原因は何でしょうか?
原因を調べてみました。

 

 

まず足の臭いには、汗と雑菌が深く関係しています。

 

緊張したりしても、手汗だけではなくじわじをと足にも汗をかくことを経験していらっしゃる方もたくさんいると思います。

 

汗を掻くのは、緊張した時だけではなく体温調整の意味合いもあります。
 
足の裏には汗腺がたくさんあり、1日コップ1杯と言われるほど、とにかく汗を掻きやすい部分です。

 

しかし、実はこの汗自体は本来無臭なのだそうです。
 
この汗に雑菌が混ざることによって臭いを発生させているのです。

 

 

 

雑菌の正体のひとつは、常在菌です。

 

名前の通り、人間の皮膚にもともと存在する菌ですが、この常在菌にも善玉菌と悪玉菌がいます。

 

”悪”と付くだけあって、この悪玉菌が悪さをするのです。

 

 

 

臭いの発生は、雑菌が汗と一緒に流れてくる足の角質や皮脂、汚れなどを分解し、分解する際に発生する物質が原因でおこります。
 
その発生する物資とは、イソ吉草酸、酢酸です。
 
あの納豆のような、チーズのようなくさい!という足独特の臭いはこのイソ吉草酸が原因で、すっぱい臭いは酢酸によるものだということ。

 

恐ろしき悪臭物質!

 

 

 

この雑菌は温度15度以上、湿度70%以上になると増殖しやすいそうです。

 

ちなみに、靴を履いた足は、温度30度以上、湿度90%にもなるため非常に菌たちには居心地が良さそうな環境になる訳です。

 

 

 

足がくさい!という原因は、汗と雑菌が混ざり合った結果なのです。

 

 

ブーツが脱げないってほど足が臭いあなたはこちら