MENU

子供が成績悪くて心配…でも原因は日常の生活習慣かもしれません

 

 

子供の成績…気になりますよね。

 

私は自分が普通で、そこまで出来る方でもなかったのに気になります。小学生が二人いますが下の子は成績もよく通知表も自慢してくるけど、上の子は出来れば見せたくない…という感じ。

 

色々調べてみると生活習慣も大きく関わるんだとか。ちょっとこれは知っておいた方が良いかもしれません。

 

 

 

 

遅刻や忘れ癖がある

 

計画性に欠けているという事のようです。

 

前の日にしっかり用意しておく、何が必要か考える、どの位に家を出れば大丈夫か考えそれに合わせて支度をする。

 

計画性も大事ですが、物事を整理して考える事がとても重要です。

 

すぐにやめてしまう

 

少し出来な事があったり難しいと感じた時に、すぐ放り出してしまう。

 

勉強はあんまり楽しいものではないと思います。どんどん難しくなっていくし、根気も必要になってきます。

 

スキンシップ不足

 

親や周りのスキンシップが足りていない。

 

スキンシップをしっかりとって話をする気持ちを伝える事で、考え伝える力が発達します。

 

食事の偏り

 

子供は大人よりも食べ物に影響を受けやすいようです。

 

お菓子やファーストフードでお腹をいっぱいにしていては、脳にも栄養が行きません。脳に良い栄養素、成長に必要な栄養素をしっかり摂りましょう。

 

 

 

他にも生活習慣として見直し項目はありますが、これらは結構あるんじゃないかなと思います。同じ家で過ごす我が家の子ども達の違いは、忘れ癖があるないと根気のあるないの違いですね。

 

性格なんかも関わるのかな?と思いますが、大人が少しだけ見てあげる事で変わってくるかもしれません。

このページの先頭へ